病院案内

外来受診

入院案内

社会復帰支援

院長ご挨拶

病院からのお知らせ

・2020年8月1日より
【面会制限】
 新型コロナウイルス流行にともなう院内感染防止のため

入院患者さんへの面会を原則禁止とさせていただきます。

尚、やむを得ない場合は、主治医が許可をした場合のみ可能とさせていただきます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

・2021年1月13日
【休診】松田Dr(精神科)休診です。
・2021年1月16日
【休診】松田Dr(精神科)休診です。

外来案内

■診療時間 午前9:00~12:00 午後13:00~17:00(日・祝日は休診)
■外来受付時間 午前8:30~12:00 午後:13:00~16:30 (日・祝日は休診)

※新患の患者様は、日時の予約が必要です。予約が多い場合は日にちを変更していただくことがあります。
 また、再診の患者様は、予診・検査等に時間を要しますので11:30までに受付をお済ませください。
 尚、急患については、この限りではありません。

ココロ通信

ココロ通信 2020年11 月

柳井病院 
心理室

皆さんこんにちは。あっという間に暑さが去り、冬の足音が聞こえるような寒さを感じるようになりました。暑さ寒さは生物にとって大きなストレスになります。寒暖差で体力を奪われやすいときではありますが、よく食べよく寝て、免疫力を高めながら過ごしたいものです。

  今回は『なぜ僕らは働くのか』という本を紹介します。書店に平積みになっていることも多いので、目にされた方もおられるかもしれません。子ども向けに書かれた本ではありますが、大人にとっても興味深い内容になっています。この本の中に『仕事がうまくいく人の行動の特徴』が取り上げられていたので、簡単に紹介します。

   アメリカのスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が「良い生き方・働き方ができる人は、いい偶然を自分の力でつかめる」と唱え、そんな人になるために大事な行動の要素が5つある、と説明しています。

  1つ目は「好奇心」です。新しいものに飛び込もうとする姿勢を持ち、いろいろなことに興味をもつことで、人生を好転させるチャンスもつかみやすくなります。2つ目は「持続性」です。一つのことをやり遂げることで新しい経験を得ることができます。3つ目は「柔軟性」です。他の人の意見や新しい考えを積極的に受け入れ変化していくことで、新しい経験をすることができます。4つ目は「楽観性」です。新しいことに挑戦するときに感じる不安に押しつぶされず、ポジティブな態度を持つことで、挑戦を成功に導きやすくなります。5つ目は「冒険心」です。興味をもったことに勇気を持って一歩踏み出すことで、たとえ失敗しても次につながる経験になります。

  このうちのいくつが当てはまりましたか? これらをバランスよく持っていると、素敵な偶然が味方してくれるかもしれません。うまくいかないことがあると、つい何かのせいにしてしまいがちですが、この考え方で行くと、運ですら自分でつかむことができる、ということですね。「ついてない、運が悪い」と考えがちな時ほど、この5つの要素を思い出して、良い生き方・働き方ができるようになりたいものです。























scroll-to-top