病院案内

外来受診

入院案内

社会復帰支援

院長ご挨拶

病院からのお知らせ

・2018年8月27日(月)
【休診】岩本Dr(精神科)休診です。
・2018年9月 6日(木)
【休診】井本Dr(内科)休診です。

外来案内

■診療時間 午前9:00~12:00 午後13:00~17:00(日・祝日は休診)
■外来受付時間 午前8:30~12:00 午後:13:00~16:30 (日・祝日は休診)

※新患の患者様は、日時の予約が必要です。予約が多い場合は日にちを変更していただくことがあります。
 また、再診の患者様は、予診・検査等に時間を要しますので11:30までに受付をお済ませください。
 尚、急患については、この限りではありません。

ココロ通信

ココロ通信 2018 9月

柳井病院 
心理室


 
今夏は地震や豪雨、台風と、様々な自然災害に見舞われ大変なシーズンとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、最近参加した学会で、相手の得意なことや力になってくれそうな人に注目して話を聴くことの大切さについて学びました。このような問題の解決に役立ちそうなもののことをリソース(資源)と呼びます。その人がもっている能力や興味のあることなどを内的リソースといい、周りの人やその人に力を与えてくれる物(ぬいぐるみ、お守り…)などを外的リソースといいます。


また、一見問題のように見えることも見方を変えればリソースになりえます。例えば、皆様の悩みの種になっている周りの人を思い浮かべてみてください。その人の問題と思える部分はどのようなところでしょうか?頑固、依存的、飽きっぽい…など、様々な困ったところが思い浮かぶかと思います。しかし、そういった問題と思える部分こそその人の個性であり能力であると考えることができます。先ほどの例で考えると、芯が強い、援助を求める力をもっている、色々なことに興味をもつことができる…という風に見ることもできるかと思います。そのような見方をすると、気持ちが少し楽になったり問題解決の手がかりが見えてきたりするかもしれませんね。


 一人で考えても、自分自身や周りの人がどのようなリソースをもっているか、それをどのように活かしたらよいのかといったことが思い浮かばないこともあると思います。そのようなときは、周りの人(外的リソース)の助けを借りることができる力(内的リソース)を発揮して、相談してみてはいかがでしょうか?
scroll-to-top