病院案内

外来受診

入院案内

社会復帰支援

院長ご挨拶

病院からのお知らせ

・2019年3月7日(木)
【休診】井本Dr(内科)休診です。
・GWの診療に関して
4/27(土)・5/2(木)は通常通り外来診療を行います。
4/28(日)~5/1(水)5/3(金)~5/6(月)はお休みさせていただきます。

外来案内

■診療時間 午前9:00~12:00 午後13:00~17:00(日・祝日は休診)
■外来受付時間 午前8:30~12:00 午後:13:00~16:30 (日・祝日は休診)

※新患の患者様は、日時の予約が必要です。予約が多い場合は日にちを変更していただくことがあります。
 また、再診の患者様は、予診・検査等に時間を要しますので11:30までに受付をお済ませください。
 尚、急患については、この限りではありません。

ココロ通信

ココロ通信 2019年 3月

柳井病院 
心理室

 寒さが和らぎ、だんだんと春らしくなっていく季節となりました。花粉症の方にとっては辛い季節かもしれませんが、花粉症とは無縁の私にとって春は好きな季節です♪“好き”繋がりで言いますと、私が好きな言葉に「ケセラセラ」という言葉があります。一般的には「なるようになる」という意味として使われています。沖縄でいう「なんくるないさ~」ですね。好きだからといって、私がケセラセラ精神に溢れた前向きな人間かと言うと、決してそうではありません。でもこの言葉を心の中で繰り返すと、なんだか少し元気になれます。


 古代の日本人は、言葉に霊が宿っており、その霊のもつ力がはたらいて、言葉にあらわすことを現実に実現する、と考えていました。いわゆる言霊です。一見すると非科学的に思える考え方ですが、私たちの脳が実際にそのように反応するということは、科学的に証明されていることです。人間の意識は脳によって司られています。言葉にすることで脳に言い聞かせ、意識に影響を与えます。意識が変わると、行動も変わります。これが言霊の仕組みと言えるのではないでしょうか。


心理学では「予言の自己成就」という言葉があります。人が自分(他人)の発言や期待に沿うように、意識的あるいは無意識的に行動してしまうために、その発言(期待)通りの結果が、本当に現実化する現象のことをいいます。例えば「自分は異性にモテない」と思っていた男性がいたとします。しかしある時女性から「かっこいいね」と言われたとします。それを聞いた男性は「かっこいい男はこんな服装で出歩かないよな、こんなこと言わないよな」と、見た目だけではなく、立ち居振る舞いから言動まで変わってくるわけです。優しく、モテる男として振る舞い、その自信のある男らしい態度から、本当に女性にモテるという現象が起きるのです。


ネガティブな言葉ばかりを使っていれば、自然とネガティブなことが起こるようになり、反対にポジティブな言葉を常に使っていれば、そのように人生も流れていくのではないでしょうか。「ケセラセラ(なんとかなる)」と思えば、なんとかなるのでしょう!言葉にしたことが現実化するとしたら、今日から皆さんは、どんな言葉を口にしますか?

scroll-to-top