やさしく
     みちびけ
       心のやまい
| 病院案内 | 求人案内 | アクセス |
ごあいさつ
 1956年、柳井の地に開設し、病院の
基本コンセプトである 「優しく導け心の病」の
精神を守り、 チーム医療のもと、
地域へ密着した総合医療を目指して います。
病院からのお知らせ
・2016年6月2日(木)・2016年6月3日(金)
 【休診】岩本Dr(精神科)休診です。
・2016年6月11日(土)
 【休診】榎本Dr(内科)休診です。
・2016年6月11日(土)
 【休診】松田Dr(精神科)休診です。
・2016年6月11日(土)
 【家族教室】6月の家族教室が開催されます。
外来案内
 ■診療時間 午前9:00〜12:00 午後13:00〜17:00 (・祝日は休診)
 ■外来受付時間 午前8:30〜12:00 午後13:00〜16:30 (・祝日は休診)
 ※新患の患者様は、日時の予約が必要です。予約が多い場合は日にちを変更していただくことがあります。
  また、再診の患者様は、予診・検査等に時間を要しますので11:30までに受付をお済ませください。
  尚、急患については、この限りではありません。
 ■外来担当表 精神・神経科   内科
特集
 ココロ通信

 「2016年3月号」
 3月に入り、今年度も残りわずかとなりました。
4月はスタートの時期でもあり、仕切り直しの時期でもあります。

[ しかし、年度末は何かと忙しく、心に余裕が持てないことも・・・。
今回は、前向きな気持ちで新年度を迎えるために、ある方法をご紹介します。
それは「口角をきゅっと上げること」です。実際にやってみましょう!
楽しくなくても、だまされたと思って口の両端をキュッと上げてみてください。
どうですか?鏡の前でやると分かりやすいです。

改めて見ると、思ったよりも上がっていなかったり、ぎこちなかったりするものです。
アメリカの心理学者ポール・エクマン博士によって“笑顔の状態に脳もつられてポジティブになる”
ということが明らかにされています。

楽しいと自然に笑顔になりますが、これとは逆のサイクルで、
口角を上げて笑顔を作ることによって脳に「自分は楽しい・幸せだ」という指令が伝えられて、
自分自身にとても良い影響が生まれるのだそうです。

また、口角を上げるとセロトニンという物質の分泌が促されるということも脳科学で実証されています。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、気持ちを強く明るくする働きがあると言われています。
前向きな気持ちになる、仕事や勉強に対して意欲的に集中して取り組めるようになる、
必要以上に落ち込まなくなる、気持ちの切り替えが早くなる、
情緒不安定な状態がなくなって心のバランスが整う、ストレスに強くなる、
といった効果が期待されています。

他にも、脳科学者の茂木健一郎先生が
「口角を上げるだけで、楽しい気持ちに変わる」と言っています。
「イ」を発声する時の口の形をすると、口角が上がるので、
例えば、「ハッピー・ラッキー・スマイリー」と唱えてみてはどうでしょうか。

余談ですが、私はグリコのCM「あなたが笑うと、世界は変わる」篇が好きで、
ハグハグ(茶色いキャラクター)が無表情の人たちを笑顔にしていくのを見ると、心がほっこりします。
柳井病院 心理室

 
〒742-0021山口県柳井市柳井1910番地1
TEL (0820) 22-1002(代) FAX (0820) 22-1103Copyright(c) Yanai Hospital. All rights reserved.